2005年に宝塚歌劇団に91期生として入団した冴輝ちはやさん。初舞台公演は、花組『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』でした。2008年宝塚歌劇の専門番組であるTAKARAZUKA SKYSTAGEの第7期スカイ・フェアリーズを務めました。
雪組に配属になり、2006年『堕天使の涙』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、主人公の堕天使ルシファーに付き従うサリエルを演じました。
2007年『エリザベート』では、1曲ソロのあるオーストリア皇太子ルドルフの少年時代に抜擢されました。新人公演では、ハンガリーの革命家ジュラに選ばれました。2008年『カラマーゾフの兄弟』では、カラマーゾフの兄弟の1人アレクセイとの掛け合いのあるラキーチンを演じました。
2009年『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』を最後に宝塚歌劇団を卒業しました。退団後は声優としても活躍しており、ミス・ユニバース・ジャパン2012ファイナリストにも選ばれました。脱毛ラボ 分割払い