12月31日夜の旅館のレストランの営業です。宿泊数が310名という事もあり、次から次へとお客が入ってくる末恐ろしい営業となりました。そうなれば皆機嫌が悪くなるので色んなところから罵声を浴びせられ、残念な周りの状況でした。怒っている人もできていないのに自分の事は棚に上げるんだと情けなかったです。そんな中お客さんも席がなくてイライラしている人は多かったのですが、そこまで待たせてはいないので、格安の温泉旅館ということで理解して欲しいところです。料理の注文もしてくる人がいました。1月から始まる蟹を食べたいと言う人もいて当然在庫ないので断りました。大晦日のこの日には年越しそばを置いていました。私は全く把握していなくお客さんに突っ込まれて初めて気付きました。もっと確認しなけばいけません。立場的にウェイターで基本的に料理を見ずお客さんの席案内や備品の補充やコーヒーを落としたり、片づけをして次のお客さんの準備をしたりしていますで、全く料理を見ることがありません。そこは周りが見えていませんでした。その日によって色んな反省点が見えてきます。そこを修正してきっちり仕事していきます。